FC2ブログ
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


1938年、第二次世界大戦直前のドイツ。10歳の少女リーゼルは里子に出される。親が共産党員だったため、別れなければならなかったのだ。新しい親は気のいいペンキ職人のハンスと、その妻でおこりんぼのローザ。閉じこもりがちだったリーゼルをハンスは温かくむかえ、一緒に本を読んであげる。隣に住むルディは無邪気なサッカー少年で、リーゼルを好きになって毎日追いかける。リーゼルは彼らにうちとけて本好きの少女に成長する。
ある日、収容所送りを逃れてきたユダヤ人青年マックスがハンスを訪ねてくる。先の大戦でマックスの父親に命を救われたハンスは危険を承知で彼を匿う。地下室での生活のなか、文学を愛するマックスはリーゼルに自分の言葉で表現する訓練をし、ノートをプレゼントして文章を書くように勧める。
秘密の生活で家族のような信頼関係を築いたハンス家だったが、ユダヤ人狩りが厳しくなるなか、ハンスの善意の言動が危険を招くことになり、マックスは自分から家を出るのだった。泣き顔で見送るリーゼル。
やがて空襲が激しくなり、ハンス家とルディの家は過酷な結果を迎える……。

善意の人々を追い詰め、犠牲にする独裁政治と戦争、その中で懸命に生きる登場人物に共感できた。
みんなが感動した映画なのに日本で劇場公開されなかったのは不思議。(DVDは発売)
原題 The Book Thief
監督 ブライアン・パーシヴァル
原作 マークース・ズーサック『本泥棒(The Book Thief)』
配給 20世紀フォックス 2013年10月
出演者 ジェフリー・ラッシュ エミリー・ワトソン ソフィー・ネリッセ

2


2
チリ人民支援連帯行動をいっそう強化しよう!

3


(「チリ人民連帯ニュース」第4号 1975.1.13)

東京支部 (2)さ行・た行

西郷信綱 北多摩郡保谷町上保谷新田都住宅七五
斎藤勉 世田谷区深沢町二ノ五九
坂井徳三 板橋区下石神井二ノ一五六六
樱田常久 南多摩郡町田町本町田一七三九
樱田與一 中央区木挽町五ノ一 北海道廳東京事務所
佐々木基一 杉並区阿佐谷六ノ九三 永井善次郎方
佐々木陽一郎 武藏野市吉祥寺一六〇
佐木妙二 渋谷区塚南笹塚
佐々成美 練馬区南大泉町五九一
佐多稻子 北多摩郡小平町小川一五九一
佐田守 世田谷区北澤一ノ一二四七
佐藤静夫 渋谷区代々木山谷町二九八
佐藤功 台東区上野公園 上野駅国鉄労組文化部内
佐藤宏 北多摩郡狛江村六六二一
佐山済 世田谷区世田谷二ノ一四四八
佐山敬子  〃
鹽川潔 渋谷区代々木富ヶ谷町一五〇二
鹿倉義一 江戶川区東瑞江二-三九
茂尾洋子 世田谷区北澤四ノ五二六
重友毅 練馬区豊玉上二ノ四
司代隆三 北区王子稻付町西町二ノ二六
芝木好子 杉並区馬橋四ノ四四六
柴田元男 品川区西大崎三ノ四九六
渋谷定輔 渋谷区千默谷三ノ五二一
島征三 渋谷区代々木深町一六四七 川島方
島田政雄 千代田区麹町一ノ四 竹工堂ビル中日文化研究所気付
島田屯 豊島区長崎二ノ一 博光荘內
島田洋一 新宿区牛込若松町八一
島田與之介 渋谷区笹塚町一三九六
島村利正 北多摩郡狛江村和泉 
下村千秋 都下西多摩郡霞村大門
霜多正次 武藏野市西窪一五
新庄嘉章 八王子市子安町一ノ五二六
管原稔 中野区江古田三丁目
管谷俊一 足立区日ノ出町一ノ三四七
杉木喬 板橋区練馬南町二ノ五八七四
鈴木和雄 文京区原町一四
鈴木清次郎 千代田区淡路町二ノ一一 鈴木榮方
鈴木茂正 足立区千住曙町三四
関英雄 杉並区天沼三ノ七二〇
関賢一郎 葛飾区下小松町七七〇
関根弘 江戶川区小岩町七ノ三六
瀬沼茂樹 中野区桃園町二五鈴木方
仙土良平 北多摩郡清瀬村國立療養所 清瀨病院内
泉水健三 台東区上野櫻木町二三 翠松荘五號
大道寺浩一 杉並区下高井戶四ノ九三一 井上方
高木卓 杉並区下高井戶二ノ五五二
高山毅 中野区大和町一九七
高沖陽造 中野区上高田一ノ八八
高山麥子 世田谷区八幡町八二
高田新 中野区大和町一六三フシミアパート
高田芳技  〃
高田光一 葛飾区新宿一ノ二一八二高木司郎方
高橋義樹 杉並区就三一七九 同盟寮
高橋喜惣勝 中野区新井町五一七○
瀧崎安之助 中野区ノ宮四ノ一〇一
瀧村信吉 台東区下車坂一一 電気ホテル四階
武內利榮 中野区野方町二ノ一五七七
武內辰郎  〃
竹島茂 大田区新井宿五四一 大塚方
竹中久七 港区麻布飯倉町五ノ五一
竹本賢三 練馬区江古田町二〇五三
武田庄三郎 大田区蓮沼一ノ一 都立大森高校內
館田眞一 西多摩郡福生町一〇五八院內
田中英士 荒川区三河島町一-一〇六三
田中英光 大田区南千束町八九
田中久介 大田区調布嶺町一九九ノ一〇
田中小太郎 墨田区龜澤町三ノ二一 ライオン日進寮內
田邊一男 新宿区鶴卷町一四〇 引揚者寮
谷耕平 武蔵野市吉祥寺二三八
田畑眞男 北多摩郡三鷹町上連雀七三七 東鐵第一寮內
玉木葉月 港区高浜町一ノ一 東鉄品川検車区
田光澄子 中野区江古田二ノ二六二 
千田九一 中野区桃園町一四 
塚原健二郎 武蔵野市吉祥寺七五八
筒井敬介 目黑区上目黑六ノ一四〇七
壺井繁治 中野区鷺ノ宮二ノ七八六
壺井榮   〃
坪野哲久 世田谷区經堂町一二六 
妻木新平 中野区橋場四三 
鶴見友義 江戶川区小岩町七ノ四〇七
鄭東文 目黑区月光町一四九
鄭潤月 新宿区戶塚諏訪町一一七 岡本館
手塚英孝 世田谷区世田谷二ノ二八〇 
土井義信 武藏野市吉祥寺二二四三 
當真嗣光 杉並区高円寺七ノ九九〇 
十返肇 北区上中里二〇 
土岐善麿 目黑区下目黑四ノ八〇.
徳田一穂 文京区森川町一二四 
德永直 世田谷区世田谷三ノ二四一五 
都甲美好 板橋区志村本蓮沼町四八 
戸臺俊一 渋谷区代々木山谷町九七
富田輝夫 葛飾区砂原町二二〇西野台社宅八六
豊島二三夫 台東区下根岸町六九 
豊田正子 杉並区阿佐谷四ノ三八一 栗原方

(昭和24年/1949年5月1日発行)

2


東京支部 (1)あ行・さ行

相田百世木 杉並区上高井戶五ノ二二一三
青木壯一郎 文京区原町三九
青山鉞治 世田谷区代田二ノ九五五東亞莊
赤城さかえ 世田谷区烏山町六九〇
秋田雨雀 板橋区板橋三ノ二七三兒玉芳雄方
秋山清 中野区上高田二ノ三四一
朝倉秀雄 新宿区津久戶町一牛込第一小学校內
甘粕石介 文京区西須賀町一七
荒正人 杉並区井获二ノ三八
荒木繁 武藏野市吉祥寺一三八五齋藤信行方
飯塚朗 大田区田園調布二ノ一〇〇二
家城已代治 世田谷区松原町三ノ一〇六八
池田一郎 大田区調布鵜ノ木町一五六
池田喜美子  〃
池田みち子 武蔵野市吉祥寺二二三 橘方
石井通 武藏野市吉祥寺三二四〇 井ノ頭寮
石井義郎 大田区雪ヶ谷一〇四
石岡三郎 大田区入新井四ノ五〇
石黑米治郎 品川区大井庚塚町四七〇一
石野徑一郎 台東区谷中天王寺町三八
石山正三 板橋区上板橋町五ノ五一七三 安蕃院前
一條重美 大田区田園調布一ノ一二一〇渋谷方
出海渓也 文京区春日町一ノ一 新日本文学会
井手則雄 杉並区荻窪二の一八七
伊藤永之介 世田谷区深澤一ノ三四二〇第二住宅十二號
伊東欣一 武蔵野市吉祥寺二九八
伊藤整 北多摩郡日野町豊田 富士電気裏
伊藤信吉 中野区城山町二三 月夜荘內
糸永高義 文京区久堅町九〇
猪野謙二 文京区原町京華女子高校內
井上健次 大田区大森三ノ三六二大森アパート
井上満 渋谷区代々木西原九四九
井上正蔵 世田谷区下馬町二ノ八七
井伏鱒二 杉並区清水町二四
今井傳二 北区志茂町三ノ一九六
今井潤 大田区雪ヶ谷町二九五
祝算之介 新宿区角筈二ノ一〇〇 堀越正雄方
岩上順一 杉並区荻窪二ノ一五〇
岩佐氏壽 文京区関口台町二一 桑木方
岩間清久 杉並区馬橋一ノ一三
植村諦 杉並区永福町二四一
上野壯夫 杉並区高圓寺五ノ八一七
內山陽平 港区芝三田四國町二 池貝三田工場
氏家俊一 武藏野市西窪三一三 中村方
潮田謙三郎 港区芝白金三光町二二七
梅崎春生 世田谷区松原町三ノ九五七
梅坂光克 杉並区阿佐谷四ノ四四九 風間方
永倉あい子 千代目区神田駿河臺 紅梅荘
江森盛彌 豊島区椎名町六ノ四一四四
大江滿雄 豊島区長崎二ノ七
大澤幹夫 世田谷区祖師谷二ノ一一三九
大島種美 文京区駒込上富士前町一〇九 増田武秋方
太田千鶴夫 八王子市西中野町三一〇二
大岡龍男 新宿区戶塚町四ノ六二
大田洋于 中野区江古田二ノ七八〇
大輪昌 八王子市大和田四〇二
大谷藤子 世田谷区北澤四ノ三〇〇
大月桓志 豊島区目白町三ノ三五九六
大畠玉樹 大田区雪ヶ谷四七七 廣森方
岡本潤 板橋区上板橋町一ノ二二
岡村民 中野区上高田二ノ三六九
岡喬夫 江東区向島押上町二二 鹽長三郎方
岡田八千代 新宿区伊達町九六
岡崎俊夫 品川区大井海岸町二五七四
丘泉之介 北多摩郡小平町旭ヶ丘住宅四三ノ二
冲浦和光 板橋区板橋三ノ六一三二 秋元方
小栗孝則 文京区高田老松町一六
小澤清 北多摩郡清瀨村沖電気清瀬保養院內
長田恒夫 目黑区下目黑三ノ五二〇
小田切秀雄 世田谷区世田谷二ノ二〇八五
小田切進 世田谷区二ノ一〇八九 羽原方
落合茂 葛飾区本田立石町四二一
小原元 江戸川区平井二ノ一四
小場瀬卓三 目黑区下日黑三ノ五〇八
遠地輝武 中野区千光前町二五 木村重夫方
鍵山博 杉並区神明町五
鹿地亘 新宿区下落合四ノ二一三五
片野潔 世田谷区弦卷町一ノ二〇
加藤周一 浦和市仲町二ノ三一 中村方
加藤正忠 澁谷区代々木富谷町一四六六
勝本清一郎 新宿区三栄町一〇
金子幸彥 北多摩郡三鷹町牟礼三
金子光晴 武蔵野市吉祥寺一八三一
金田百合子 溢谷区代々木富ヶ谷町一四四四
川口芳子 世田谷区大藏町九
川崎大治 西多摩郡平井村本宿大智寺
川島善勝 品川区二葉町五ノ四五〇
河村敬吉 杉並区善福寺町三二
神崎清 品川区荏原小山八ノ一一〇〇
菊池章一 渋谷区代々木西原九四九ノ八
衣巻省三 港区高輪南町二七 毛利元良方
木原實 港区新橋一ノ一二 堤ビル 日農本部機関紙部
木俣修 世田谷区太子堂二一五
木村次郎 渋谷区長谷戶町四三
木村秀郎 江戶川区小岩町四ノ一九五〇
木村好子 中野区千光前町二五
金元基 目黑区中目黑三ノ一一二八
久鬼高治 江戶川区逆井一ノ一三〇 八千代莊菅原方
草部典一 板橋区板橋六丁目舊第二造內 太洋印刷板橋工場
國見純夫 世田谷区上馬町一ノ四九五
熊本雅子 中野区鷺ノ宮一ノ一七八
組坂若松 中野区新井町五六八
久保格 豊島区長崎一ノ四五 宮崎方
久保栄 目黑区自由ヶ丘二五九
久保田正文 大田区桐里町二〇六
窪川鶴次郎 豊島区千川町一ノ二一ノ四
藏原惟人 板橋区下石神井一ノ二三二
倉本初夫 世田谷区代田町二ノ六八一
栗林一石路 世田谷区玉川奥沢町一ノ三三八
黑須寅吉 渋谷区千駄ヶ谷四ノ七一四 日本共產黨本部気村
小池角次郎 板橋区小豆澤町三ノ三
康玹哲 大田区北千束七六九 高方
郡山弘史 練馬区練馬南町二ノ一六五七 樋口禎三方
古本鐵也 中野区鷺ノ宮四ノ四八九
小堺政信 文京区根津片町一四 逢初寮
越田辰次郎 武藏野市吉祥寺六四五
小林純一 新宿区戶山町一都營住宅六ノ九〇五
小林恒雄 武蔵野市吉祥寺九 新井方
小林秀明 文京区駒込神明町四五一
小林政夫 江東区東雲町一ノ一
小宮山千秋 中野区川添町三五 安孫子方
近藤忠義 世田谷区烏山町六九〇 藤村方
近藤精一 中野区富士見町二三 常磐光学会社社宅
近藤芳美 世田谷区世田谷五丁目 清水組社宅

(昭和24年/1949年5月1日発行)

1




4


(新日本新書『エリュアール』)

4


5
11年ぶりに船橋のうたごえ喫茶「ゴリ」に来ました。前回は津賀幸子さんご夫妻にお会いしました。
2
店長のゴリさんがなくなられて一旦閉店した店を山中秀子さんが新オーナーとなって再スタートさせました。
3
毎月第1水曜日はロシア民謡の日。懐かしいロシア民謡をたっぷり歌いました。
アムール河の波、川岸のベンチで、収穫の歌、ロシア、
バルカンの星の下に、囚人の歌、スリコ等々を素晴らしく力強い歌声で。
「ペトルスとマルーシャ」ぼんやりと記憶に残っているメロディーが心に沁みました。
6
山嵜早苗さんの油絵がずらりと飾られていました。熱心にゴリを支援している山嵜さんが企画したチャリティ絵画展です。
4
学生時代に千葉大で一緒だった山嵜さん。画家としての創作活動はじめ、
有明芸術短大の講師や千葉大のセツルメント運動史の編集・出版などパワフルに活動しています。
1
楽しいうたごえ喫茶ありがとうございました。
7



われら



(『エリュアール詩選』1956年)

*ヌーシュ(ニューシュ)はエリュアールの妻。1946年11月に脳溢血で倒れ、急逝した。リュアールはこの詩をささげた。

2








もっと遠くへ



(『エリュアール詩選』1956年)

窓








5


5






3


(『エリュアール詩選』1956年)

*ユリウス・フチーク(一九〇三〜四三)はチェコの共産主義者で、評論家として活躍していたが、ナチスのプラハ占領後は地下活動に入った。一九四二年に逮捕され、翌年ベルリンで銃殺された。獄中で書いた『絞首台からのレポート』は有名である。ネルーダは英雄フチークに敬愛(オマージュ)の詩をささげたのである。(「ユリウス・フチークとの対話」)

2




1


(『エリュアール詩選』1956年)

ヨット