神野優子・宮林陽子 ヴァイオリンコンサート

ここでは、「神野優子・宮林陽子 ヴァイオリンコンサート」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサートでチャイコフスキー「くるみ割り人形」より「花のワルツ」を演奏(6月15日)


バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り

神野優子・宮林陽子 ヴァイオリン コンサートが開かれました。
5回目にあたり、バラ祭りにあわせての演奏会となり、バラにちなんだ曲や、よく親しまれている名曲、中山晋平の童謡も演奏、ヴァイオリン・デュオの生演奏ならではの美しい音色を楽しみました。

宮林
宮林
宮林
神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサート(2013年7月13日、松代文化ホール)­­で「松代ゆかりの作曲家による童謡の花束」。海沼實作曲の「お猿のかごや」「ちんから峠」「みかんの花咲く丘」­をメドレーで演奏。
神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサート(2013年7月13日、松代文化ホール)­­で「松代ゆかりの作曲家による童謡の花束」草川信の「夕焼け小焼け」「緑のそよ風」­を演奏。



(アンケートより)
妻が生前に口ずさんでいた「緑のそよ風」涙が出ました。作曲者(草川信)がこんな身近な地域の出身者とは知りませんでした。(松代町 赤塩)
神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサート(2013年7月13日、松代文化ホール)で「松代ゆかりの作曲家による童謡の花束」草川信の「ゆりかごの歌」「どこかで春が」をメドレーで演奏。




(アンケートから)
・昨年もレストランはなやでのコンサートを拝聴しましたが、会場も広く参加者も多数で、今回は一段と演奏が際立って聴かれました。お二人のご精進のほどが感じられる演奏で大変素晴らしかったです。第二部の童謡メドレーが圧巻でした。バッハやブラームスの曲が奏でられる同じ弦から懐かしく素朴な童謡のメロディーが流れてとても神秘的感動的でした編曲者のご尽力に敬意を表しています。(長野市 若月)
テレマン「二つのヴァイオリンのためのソナタ第6番」から



[広告] VPS

<大島博光記念館開館4周年記念 神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサート(2012年7月14日 )にて>