fc2ブログ

イリーナさんが小学校でピアノ演奏

ここでは、「イリーナさんが小学校でピアノ演奏」 に関する記事を紹介しています。
イリーナ
イリーナ・メジューエワさんが東条小学校と寺尾小学校を訪問、昨年に続いて松代の子供たちに生のピアノ演奏をプレゼントしました。
「音楽を聴く時、何がたいせつだとおもう?」と問いかけたイリーナさんは「音と音の間にある静けさを聴くこと。静寂の中から音が生まれて静けさの中に音が消えていく。その最後の音と静けさを大事に聴いてね。」

イリーナ
「ポーランド生まれのショパン。外国にいるときにポーランドに革命が起きて、国に帰れなくなってしまった。自分の家がどうなっているか解らない。お母さんや家族がどうしているか解らない。不安、心配、怒り、悲しみ・・・。それをショパンは「革命」という曲に書きました。」
イリーナさんの演奏する「革命」を聴いていると、悲しみ、怒り、不安・・・が胸の中にわき起こり涙が出そうになった・・・縣美恵子さんの感想です。
子どもたちからは「どうすればピアノがうまくなりますか」と質問が。
「うーん。練習をやめないで、毎日続けること。それと自分の下手なところを毎日見つけること。自分は上手だ、と思ったらそこで止まってしまうけれど、自分の下手なところをさがして練習すれば毎日進んでいける。・・・」
ピアノに向かっている真剣な顔。子どもたちに話しかける優しい顔と声、話し方。素敵です。
優しいけれど、ちょっとお茶目なところも有りそうです。みんなを見る瞳が、くるくると楽しそうに動いていました。

東条小学校の玄関には、ロシアで「イリーナさんいらっしゃい」、音楽室には「こんにちは」と書いておいて下さいました。
寺尾小学校の6年生はロシア語で「こんにちは!」と挨拶して下さいました。
校長先生を始め先生方、生徒の皆さん温かい歓迎ありがとうございました。

イリーナ
演奏のあと、あいにくの雨でしたが新村農園へ行き、歓声を上げながら杏狩りをしました。ロシアにも杏は有って、「なつかしい」とイリーナさんは喜びました。
9月20日、松代文化ホールで大島博光生誕100年記念のコンサートが開かれます。イリーナさんにそこでお会いできます。お楽しみに!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/639-cb555ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック