新日本新書「エリュアール」目次

ここでは、「新日本新書「エリュアール」目次」 に関する記事を紹介しています。

目次

生地サン・ドニと生まれ
愛と戦争
第一次大戦後とダダ
シュールレアリスム・詩人の失踪
詩人の帰国─モロッコ戦争
別れと出会いと
アラゴン事件
スペイン戦争・「ゲルニカの勝利」
第二次世界大戦
レジスタンス・再入党・アラゴンとの再会
・勇気を
ピエル・ヴィヨンの述懐「わが友、わが同志」
再入党
自由
アラゴンとの再会
英雄・殉難者・詩人たちの名誉
パリ解放・ニューシュの死
『道徳の数え』
『ギリシャわが理性の薔薇』
ドミニック─新しい愛
平和の顔
神秘をとっぱらおう─エリュアールの詩の読み方
「貧乏人たちの城」
「前」と「後」と
詩人の死


著者のことば

わたしはあの戦争の頃、エリュアールの詩集『自然の流れ』などをふところに入れて、燈火管制の暗い新宿の街をさまよっていたことを思い出す。当時すでにエリュアールはわたしにとって光だった。
エリュアールは華やかなシュールレアリスムの旗手から、スペイン戦争の時には「ゲルニカの勝利」の詩人となり、レジスタンスの闘争のなかでは「自由」の詩人となり、共産党へ入党した。彼もまたアラゴンやネルーダと同じように、シュールレアリスム、モダニスムの詩人から共産党員詩人へと進み出て、人民のなかで大きく花ひらき、偉大になった詩人のひとりである。その軌跡をたどってみることは、以前からわたしの夢であり課題であった。こんどようやくそれを果すことができた。

エリュアール
(1988年11月)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/601-0fd8c9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック