ポール・エリュアールの墓

ここでは、「ポール・エリュアールの墓」 に関する記事を紹介しています。
ポール・エリュアールの墓
                          大島博光

ぺール・ラシェーズ墓地の片隅
「コミューヌ戦士の壁」の前
ひと株の 薔薇の木かげに
愛の詩人エリュアールは 眠る

労働者の街サン・ドニから
シュルレアリスムの夜をとおって
たえず孤独を憎み 拒みながら
「自由」の詩人は ここに辿りついた

思い出せば あの戦争のさなか
きみの『豊かな眼』をふところにして
ぼくはひとりさまよったものだ
燈火管制の 暗い新宿の街を

そのとききみは 飢えたパリで
銃剣がひらめき 銃声が走る街で
栗をたべながら パリっ子の勇敢さで
人びとをはげまし勇気づけた

すべての人びとの 地平線を
見いだして きみは言った
「万人の未来のためなら
わたしは なんでもする」

夏の陽の かがやくなかを
あのパリのにわか雨が さっと
さわやかに降って 過ぎた
みかげ石の きみの墓を濡らして

鈴懸けの大樹のかげ
『桜んぼ』の詩人クレマンの墓の前
レジスタンスの戦士たちと並んで
エリュアールよ きみはここに眠る

(『大島博光全詩集』)

エリュアール
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/598-9bca696c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック