fc2ブログ

赤澤節子 創作紙芝居リスト

ここでは、「赤澤節子 創作紙芝居リスト」 に関する記事を紹介しています。
赤澤節子創作紙芝居リスト

A 松代の先人、歴史
・参勤交代「松代藩8代藩主真田幸貫、参勤交代の地蔵峠越え
松井須磨子 西洋近代劇の夜明けの星
和田英──松代へ製糸技術を伝えた
・恩田木工民親 心を耕し続けた恩田木工(もく)民親
長岡助次郎 郷土の文化を守った人 ──明治4年より五十年間 松代小学校に勤め、松代文化復興に数々の業績を残した。
・真田志ん──八橋流箏曲の伝承者

B 災害・戦争
浅間山噴火大和讃 ──浅間山は今から236年前の天明3年8月5日(1783)昼近く大噴火を起こし、黒い噴煙は上空2万メートルに達し、煙や灰は江戸の町をまっ暗にしました。
長野にグラマンがやってきた日──その日は大豆島飛行場、長野機関区、川田、松代、篠ノ井と攻撃は続きました。長野駅周辺では民家の庭先の防空壕が狙われ、3人の子どもが亡くなりました。
・台風19号による松代の水害 伝えよう水害のこわさ

C 思い出の人
明日ははれる  ──小学生の時の思い出
はあちゃんとカオルさん ──松代の雑草のごとき有名人、はあちゃんとカオルさん。
守っこ ──戸隠小学校では子守り少女のために子守り学級を開きました。
おじょっさまァ でたあ! ──松代病院の近くに住むとし子の新しいお手伝いさんはとし子のことをおじょっさまと呼びました。
おじょっさまが行く ──目の悪いおくまさんの思い出。西洋人形よりもかわいい女の子、 「ありゃ大先生の孫でねえけ」
ふじ子 とし子のおもいで ──卒業式のあと、2人は2度と会うことはなかったのですが、2人が偶ぜん再会したのは、85才の時、松代病院の待合室ロビーでした。
真希ちゃん 花の人生 ──ダウン症?車イス生活?寝たきり?長生きはできないかも? まだ若い人達にはショックでした。
おせんさん  ──おせんさんは87才。ひとり暮しも長くなりました。人は人とかかわりあってこそ生きていけるのね。

D おはなし
きっきはうごけないの 忠じいじの里山の話 ──忠じいは杉の子キッキをほり出すと「もう心配いらないよ。お日様のあたる所へひっこしだ」
きっきのはじめての夏 ──やっと朝が来た。うわァ台風のあとっていつもよりお日様がまぶし〜い。
みろくさんとこぞうさんときつねたち ──キツネのゴン太がお寺の小僧に化けることになりました。
・与太郎カエル明徳寺へ行く (松代テレビ局がyutubeで公開) 
走れ ひまわり号 ──「死ぬまでに1度でいいから汽車にのって旅をしたい」障がい者の夢と希望をのせて走るひまわり号。
・皆神山登山
・忠吉さんと第三の人生  ──老夫婦がクリスマス
・夏まつり  ──下駄屋のおじいさん、親子3代の夏まつり(松代テレビ局がyutubeで公開

E 民話
・白鳥のしらせ
・夜なき石
・天狗のしかえし
・山伏石のはなし
・神様と栗の木
・お菊の亡霊
・雨乞い地蔵
・火炎をとられた不動様  
・やけどをしたタヌキ  

松代在住の赤澤節子さんは沢山の紙芝居を創作しています。題材は松代民話、松代の先人(松井須磨子、和田英、恩田木工など)、災害、松代の人々の思い出など。むかしの子どもたちや村人の生活も描かれています。絵が生き生きとしていて素晴らしいのですが、脚本もご自分で調査して書き、語りもご自分がやります。
 
20

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/5760-f301e371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック