fc2ブログ

紙芝居 真希ちゃんの花の人生(下)

ここでは、「紙芝居 真希ちゃんの花の人生(下)」 に関する記事を紹介しています。
 15
篠ノ井までバスに乗って通学。バス停まで、おじいちゃんが送り迎えしてくれます。
バスの中で友達と話をすると、少し大人になった気分です。
篠ノ井までバスに乗って通学。バス停まで、おじいちゃんが送り迎えしてくれます。
バスの中で友達と話をすると、少し大人になった気分です。
毎日いろんな事があるので、夕飯の時、家族と話すのが楽しみです。
16
楽しかった 青い空 白い雲 潮風
ああ これぞ おきなわ

マキちゃん! 星空を見なよ!
ジュースは長野でも飲めるでしょ
17
今日からバスで通勤です。
おじいちゃんが始発の松代高校前まで車で送迎してくれます。
おじいちゃん ありがとう。行ってきまあす!
18
資格を取るために平成学園に入学しました。
両親と一緒に見学に行って決めたのです。
今度は大橋経由長野行のバスで通学です。
高校の時のパソコンはひらがな打ちここではローマ字打。
すべて検定に合格しないと卒業できません。きびし〜いです。
ムーム
19
助産婦さんになれたらナ。 おも!
ワー! おちるウ やっぱり無理か・・・

チョーいそがし ついてけるかナ
進路 進路 進路 ハア〜
20
真希ちゃんの大ピンチ。 会社に行けない!
家族に心配かけたくないので笑顔でお弁当持って会社の近所のマンガ喫茶で時間をつぶす。
不安とあせり〜

会社から自宅に電話がいかないように会社に電話。
お給料が入らないので通帳の残高が少ない。 どうしょう

えー! 真希が会社に行ってない・・・? お弁当は毎日持って出てます

上司の人 困ったことがあったら、いつでも相談して下さい。
21
毎日がつらかった真希ちゃん 今はもう大丈夫。
元気になって楽しく会社に行ってます。
自分で会社の上司に相談して解決させたのです。
酸素ボンベと一緒にバス通勤をしています。
病気や障害を持っていても自分で考え、行動していく勇気と明るさ。

そこには真希ちゃんを慈しみ、支え続けているおじいちゃん、おばあちゃん、
お父さん、お母さん、そして親戚の人達との暖かい絆があったのです。
(おしまい)

紙芝居制作者の赤澤節子さん

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/5756-a1f7961d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック