パブロ・ネルーダ「単純素朴な人間のオード(抄)」

ここでは、「パブロ・ネルーダ「単純素朴な人間のオード(抄)」」 に関する記事を紹介しています。
 スペインの批評家ガブリエル・セラヤの言ったように、つねにネルーダにとって「詩は未来をめざした武器」であった。この『オード集』においても、詩人は、ビラを配る活動家の同志たちとおなじように、詩を武器としてひろめている。

 単純素朴な人間のオード(抄)

・・・それからわたしはきみの名前を尋ねる
きみの街と番地を尋ねる
わたしはきみに手紙を書く
わたしはどんな人間か どこに住んでいるか        
稼ぎはいくらか 祖父(じい)さんはどんな男だったか
すると きみにもわかるだろう
わたしが 単純素朴な人間であり
きみも 単純素朴な人間であるなら
もう こみいった複雑なことなど問題でないと
・・・
きみが歩くように わたしも歩く
きみが食べるように わたしも食べる
きみが婚約者を抱くように わたしも恋人を抱く
わたしたちがおんなじだと わかったとき
きみの生活とわたしの生活でもって わたしは書く
きみの愛とわたしの愛でもって 書く
それから きみとわたしとは違ってゆく
古い友だちのように きみの肩に手をかけて
わたしはきみの耳に語りかけるのだから
くよくよするな われらの時代がやってくる
来たまえ わたしといっしょに来たまえ
みんなきみに似た 単純素朴な連中だ
いっしょに来たまえ くよくよするな
たとえ きみが知らなくとも
わたしが知っているんだから
わたしたちはどこへ行くか 知っているんだから
うけあうよ くよくよするな
ごく単純素朴なわたしたちが勝利するのだ
 たとえ きみが信じなくとも
わたしたちは 勝利するだろう
わたしたちは 勝利するだろう

(新日本新書「パブロ・ネルーダ」)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/460-3e71faba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック