FC2ブログ

アンドレ・ブルトン ポオル・エリュアル「人間」 4 生活

ここでは、「アンドレ・ブルトン ポオル・エリュアル「人間」 4 生活」 に関する記事を紹介しています。


4


(『東京派』四月號 1931年)

2




  4 生 活

 電氣鑛金をした蛙の股のやうな日本の花に就いて、彼は變化を見るためによく眠らなければならなくなる。肉迫戦である密に接している扉で、床は鸚鵡であり、天井は鴉である。
 彼はまた明日の思ひ出を垂れている霧の中に大それたアベンチウールの思ひ出を持っている。彼は彼が告訴されていることを知っている。安全柵が、その時から、時計の中に身を投げるのを防ぐ為に、彼の周りにあることを。夜明けが、湧き出る夜、彼に清潔な肉を思ひ出させる。何故なら彼は感覚なしに長い間肉に接触するだらう。そしてこれは彼が肉を感覺した時、ただ自由に夢みていたシャルマンな肉體の姿になるであらう。
 顰めた顔と歪めた顔は、彼の年齢の筏が、彼の心の秘密な皐を掻き立てる所のものに抵抗する。夜は美しく扉を閉ぢ、足と雑音と希望と疲労との道が、彼に、常に黒い大建築を示す。そこでは、総てが彼に對して四角張る。
 曖昧はだんだん決断に代る。血の代りに手帳が開かれる。Creusotの日附けの手紙を拭ふ吸取紙が、雲のやうにピウルな眼が、鳥が彼の影の上に据えるやうに、彼の上に据えられる。石の彼女達のスカートを掃くランプで、銀の階段は、窓のない国の空氣に導く。地上に一つの汚点を作るこの人間は何を探すのか? この憐れな笠は流星の上のそれである。彼は水の池の卵の皺の中に潜んでいる暈けた影と議論する。そこでは、前の一時間に、義務、機會、小さい幸福、そして雜然とした集合が發生したのだが。石鹸の花を、傍に愛撫を、不似合の神聖を、花崗岩の問題に動員する答案をもった絶望の強力が彼を占領する。彼女達は彼を鉄屑の學校に導く。火の前掛けを異裝して。彼女達は彼を說得する。魔法使ひの箒の柄は、輝いている後方のグロテスクな永遠の中に真直に突き刺る。と。彼女達は全く彼を鼻で欺瞞する。そして最も悲劇的である鼻。彼女達は彼に、口の上に手を置く勞をとることなしに、女を渡す。彼女達は彼に、苦い巴旦杏の香のやうな女の果物を渡す。彼女達は彼に美を渡す。永続を渡す。この美と永続の拒絶を渡す。
 ある朝、彼はアネモネの茂みを凝視して、そこにいる。道は總ての車輪に敬礼する。
 彼は總てに除外される程そんなに完全である。彼は屈曲している書物の背を見つめる。彼は履物の上を走る音樂を聞く。正午に、彼は、しばしば、十二回微笑する。彼はまた、恐怖する夜に微笑する。彼は彼の総ての感覚に、微笑の手錠をはめる。
(つづく)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/4472-ff1b61fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック