FC2ブログ

ポン・ヌーフの上

ここでは、「ポン・ヌーフの上」 に関する記事を紹介しています。



3

(自筆原稿)
1


(解説)
この詩は『大島博光全詩集』(1986年)の資料束に入っていましたが、内容は静江の亡くなった後のことなので、1993年以後の作品でしょう。また、実際には大島博光はその後パリに行っていないので、創作した体験ということになります。


ポン・ヌーフの上
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/4373-f3bc030d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック