FC2ブログ

松本隆晴「野ぶどう」を岩崎さんが朗読

ここでは、「松本隆晴「野ぶどう」を岩崎さんが朗読」 に関する記事を紹介しています。

朗読 岩崎信子


野ぶどう


……ここにはまた、「野ぶどう」「微笑み」のような、この詩人独特の新しい抒情の方向をしめす詩もある。

 野ぶどうの実を採って来て
 たべろと言ったその子は
 丁度野ぶどうのような瞳(め)をしていた
 
 野ぶどうの実は酸っぱくて
 舌がひりひりと痛かった
 それでも美味しいと言ってたべたら
 野ぶどうのような瞳が笑った

 詩人は、素朴な少女の美しさをうたって、もはや間然するところがない。詩人はここで、ひとりの少女をうたい、外部世界とふれあい、おのれの感動を率直にうたうことで、古い形式をも脱けだし、新しい自由な形式を獲得している。外部世界とのふれあいそのものを歌うことで、詩もみずみずしく息づいている。(大島博光「松本隆晴詩集 解説」宝文館)

1







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/4256-4bceae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック