FC2ブログ

岩崎信子さん朗読とお話しの会

ここでは、「岩崎信子さん朗読とお話しの会」 に関する記事を紹介しています。
1
元信越放送アナウンサーの岩崎信子さん。冒頭「千曲川その水に」を朗読し、ついで大島博光にインタビューしたときの思い出話。「三鷹の家について座るなり、缶ビールをぽんと置いてお茶代わりにどうですか。お断りしました。」
「戦争中、軽井沢の女学校に就職できずに松代に帰って良かったと言っていました。健康をとりもどしたことと、静江さんとであって結婚生活をはじめたことではないでしょうか」「静江さんは明るい性格で経済力があっただけでなく、詩もわかり、博光の詩集つくりに協力した。パーキンソン病の静江さんを10年間みて見送ったことについて聞くと、<みましたよ>とさっぱりした言い方。同じ道を歩いているという意識を感じました」
3
<松本隆晴について>
詩人の松本隆晴さんをインタビューしたときのテープがありますので、聴いてください。「男の介護」という番組で、博光インタビューの4年後。松本隆晴さんは重症筋無力症で寝たきりの奥様を40年間介護しました。料理が得意だったことが介護につながりました。
詩「ワイン」朗読。妻の介護しながらワインを飲むときのことを歌っています。
大島博光と長い交流があったことをあとになって知りました。
博光から松本隆晴にあてた「はがき詩」、松本隆晴詩集から「野ぶどう」(博光がいいといった愛の詩)と「松本隆晴よ 古いむかしの友よ」(詩集解説)を朗読。
2
<長田三郎について>
詩人の長田三郎さんは健康管理のために上田の太郎山に登った。六年間毎日登りました。そのことを詩に書きました。「太郎山のお地蔵さん」を朗読。
1984年、上田市民会館で「戦争に反対する詩人と市民のつどい」を開催しました。「原爆の子」を書いた長田新の三男で、反戦詩人の会で活発に活動しました。
詩「燕(つばくろ)」を朗読。
5
言葉は人間の発明した最高のもの。舌は大事な発音器官です。声を出すことは健康にとってとても大切です。皆さんも詩の朗読をしてください。
7
美しい朗読と面白いお話でとても豊かな時を過ごしました。岩崎さん ありがとうございました。
6

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/4234-2b94f5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック