鏡の前のエルザ

ここでは、「鏡の前のエルザ」 に関する記事を紹介しています。


えるざ


(『フランスの起床ラッパ』)

 また、地下生活のきびしさは、しかし詩人につぎのような美しい詩をも書かせている。
 ・・・
 ここでは閉ざされた小宇宙がうたわれているが、そこにも絶えず外部世界が侵入し、映し出されている。エルザの身ぶりひとつひとつが、たたかいと希望とに結びつけられている。鏡のなかに、はるかに、英雄たちとその闘いの映像をくりひろげるという手法は、この詩をいっそう深いものにしている。「鏡」と「火」という二つの映像は、その後もアラゴンの愛の詩にしばしばあらわれてくる。
(『アラゴンとエルザ 抵抗と愛の讃歌』)


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3402-ed7a4537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック