ぶうわの夏休み絵日記 <砂漠は生きている>

ここでは、「ぶうわの夏休み絵日記 <砂漠は生きている>」 に関する記事を紹介しています。
絵日記

8月3日 水曜日 曇りのち雨
おふろに水をいれたりしていると空がくもってきたので いそいでまきやせきたんをばけつにいれたりしてもって おふろばにいれておいた。そうしているうちに そらがまっくらになって あめがいっぱいふってきました。うちにはいっておとうさんやもも子たちと外をみていました。このまえのえいが「さばくはいきている」のようでした・。むこうのほうからどんどん水がながれて にわじゅうが水だらけになりました。

*風呂に水を入れるのも、沸かすのも子供の仕事でした。井戸で水を汲んでバケツで運ぶのが大仕事でした。大変なので、水の入れ替えは毎日はしませんでした。一週間も替えないと白く濁ってくるのですね。
*「砂漠は生きている」は天然色の美しい記録映画で、サソリのダンスのシーンが面白くて覚えています。ディズニー映画だと思いますが、だいぶ評判でした。たしか海の記録映画もありましたね。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3367-a3b55c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック