「ジャンヌ・マリーの手」 4)「ルイズ・ミッシェルを讃えるバラード」

ここでは、「 「ジャンヌ・マリーの手」 4)「ルイズ・ミッシェルを讃えるバラード」」 に関する記事を紹介しています。
4)「ルイズ・ミッシェルを讃える バラード」

 さてコミューヌのあいだ、パリの女たちの活動はめざましいものであった。彼女たちは兵糧係や野戦病院付看護婦としてばかりでなく、戦士としても勇敢にたたかった。彼女たちはブランシュ広場、ピガール広場、バティニョール大通りなどのバリケードを守った。とりわけ女詩人ルイズ・ミッシェルの名は高いがユゴーは彼女に「男まさりに」という詩を贈っている。当時、パリ市庁の新聞出版課長の職にあって、コミューヌを支持していた、ヴェルレースもまた「ルイズ・ミッシェルを讃えるバラード」を書いている。

  荒っぽくて 率直で 臆病な
  貧乏人を 彼女は 愛した
  彼女は 貧乏人の白いパンのため
  熟れた穂を刈る鎌だ 聖女セシルだ 
  しゃがれ声で華奢(きゃしゃ)な美神(ミューゼ)だ
  そして 墨直で 御しがたい
  あの貧乏人の 守護神だ
  ルイズ・ミッシェルはすばらしい-------
(つづく)

(新日本新書『ランボオ』)

ルイズ・ミッシェル
ルイズ・ミッシェル


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3310-8af66d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック