英雄・殉難者・詩人たちの名誉 5)「苦しみの武器」──ガブリエル・ペリ

ここでは、「英雄・殉難者・詩人たちの名誉 5)「苦しみの武器」──ガブリエル・ペリ」 に関する記事を紹介しています。
5)「苦しみの武器」──ガブリエル・ペリ

 一九四一年十二月十五日、ガブリエル・ペリがモン・ヴァレリアンにおいて人質として銃殺された。──彼はフランス共産党中央委員で、代議士で、下院の外交委員会の副委員長として、ファシズム体制に投降する政策に反対し、ファシズムにたいする仮借なき批判者であった。処刑の前夜、ペリはのちに有名になる遺書を書く。

 「わたしは最後にもう一度、じぶんの良心をふりかえってみた。少しもやましいことはない。もしも、もう一度人生をやりなおさねばならぬなら、わたしは同じ道を行くだろう。わたしはやはり今夜も信じている、『共産主義は世界の青春であり』『それは歌うたう明日の日を準備する』と言った、親愛なるポール・ヴァイヤン・クーチュリエの言葉の正しかったことを。わたしはまもなく『歌うたう明日の日』を準備するだろう。さようなら。フランス万歳!」

 その英雄的な死を讃えて、アラゴンは「責苦のなかで歌ったもののバラード」「ガブリエル・ペリの伝説」を書いたが、エリュアールもまた簡潔で感動的なペリ像を描いている。

  身を守るために生にむかって開いた
  二本の腕しか持たなかった男が死んだ
  鉄砲を憎むという道以外の
  ほかの道をもたなかった男が死んだ
  男は死んだが死に抗し忘却に抗して
  彼はいまもたたかいつづけている
  ……

  ひとを生きさせるような言葉がある
  それは無拓な言葉たちだ
  温かさという言葉 信頼という言葉
  愛 正義 そして自由という言葉
  子供という言葉や思いやりという言葉
  そしてある花々の名前や果物の名前
  勇気という言葉や見つけるという言葉
  兄弟という言葉や同志という言葉
  そしてある国や村むらの名前
  そしてある女たちや友だちたちの名前
  そこにペリの名を加えよう
  ベリはおれたちを生きさせるために死んだ
  彼とおれおまえたちで話そう 彼の胸は射(ぶ)ち抜かれた

  だが彼のおかげでおれたちは互いをよく知る
  おれたちはおれおまえで話そう 彼の希望は生きている
        (『苦しみの武器』──「ガブリエル・ペリ」)

 ここでは、選ばれた言葉、固有名詞、イメージが、状況を的確に反映している。
(つづく)

(新日本新書『エリュアール』)

赤バラ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3302-50c708a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック