英雄・殉難者・詩人たちの名誉 4)「苦しみの武器」

ここでは、「英雄・殉難者・詩人たちの名誉 4)「苦しみの武器」」 に関する記事を紹介しています。
4)「苦しみの武器」

 一九四二年四月、十七歳の高校生リュシアン・ルグロは、ビュッフォン高校のデモに参加して逮捕された。リュシアンはエリュアールの旧友の長男だった。六月、彼はヴィシイの法廷によって終身労働刑を宣告された後、ゲシュタポに引渡された。ゲシュタポは彼に肉体的にも精神的にも拷問を加える。エリュアールは書く。
 「なんとドイツは寛大だったことか。ゲーリングは彼に特赦を与えた……そしてなんとドイツは冷酷だったことか。おなじゲーリングが数日後に彼を人質として処刑したのである……彼は四人の級友とともにイヴリに葬られた……」

 数ヶ月後、エリュアールは銃殺されたこの少年を記念して「苦しみの武器」と題する一連の 詩を書く。

  あの子は嘘をつくことも
  そして助かることもできたろう
  越えられぬ柔かい平野
  あの子は嘘をつくことを好まなかった
  彼は声高く自分の罪を叫んだ
  彼は自分の真実を述べたてた
  真実を
  死刑執行人にむけて剣のように
  自分の最高の法を剣のように

  そこで死刑執行人どもは復讐した
  やつらは並べてみせた
  死 希望 死 希望 死と
  やつらは彼に特赦を与えてそれから殺した

  やつらはあの子をひどい目に会わせた
  彼の足 彼の手は踏みつぶされていた
  墓地の番人がそう言った
(つづく)

(新日本新書『エリュアール』)

白バラ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3301-6b903e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック