おとぎ話の豆の木のように

ここでは、「おとぎ話の豆の木のように」 に関する記事を紹介しています。


おとぎ話の豆の木のように

きょうもまた わたしは語りかける 
きみにむかって 呼びかける

だが きみはもうこたえてくれない
わたしの声も きみには聞こえない

山でさえ こだまを返えすものを 
水でさえ さざなみを立てるものを

あの生きた日に きみはわたしに 
こたえもこだまも返えしてくれた

死んだひとには 語るすべがない
黙っているほか なんのすべもない

わたしの叫びは きみへのうたは
この世からあの世への片思い?

そんなことはない そんなことはない
わたしの声を きみは聞いている

わたしがきみに呼びかけるとき
きみはわたしのなかに生きている

そうして生きていた日のように
わたしの目くばせにうなづいてくれる

だから わたしは語りかけよう
わたしのうたはきみにとどこう

この地上から空までとどく 
おとぎ話の豆の木のように

               一九九五年六月
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3284-832b6e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック