ただひとりでなくなるために

ここでは、「ただひとりでなくなるために」 に関する記事を紹介しています。

ただひとりで

詩集『ひとを愛するものは』──春としあわせについて)

沖縄


 ただひとりでなくなるために

いくどでも わたしは もどってこよう 
希望とひかりのうたを うたうために 
渇いたのどが しみずをもとめるように 
わたしは いつも夢みるのだから

四月の しろいりんごの花かげのまどいを 
ひとをもえたたせる熱い愛と 語らいを
河底をおよぐ はやのひらめきと自由さを 
ジェット機の影のうつらない 水たまりを

いくどでも わたしは うたおう 
春としあわせを よびよせるために 
もはや ただひとりでなくなるために

麦の根が うねにしっかりからみあうように 
すべてのひとびとの ねがいと未来のなかに 
わたしのうたと未来を むすびつけるために


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3208-cd10db99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック