服部伸六からの礼状

ここでは、「服部伸六からの礼状」 に関する記事を紹介しています。
服部伸六
服部伸六

一九五八五年冬。あと十五年で、三千年代の幕明けになるが、それまでいきているかなあ。
赤旗の書評ありがとう。読書新聞と図書新聞にも、それぞれ書いてくれた人がいたので、いくらか反響があったということか。
ギュヴィックから手紙が来て、彼は一九八四年のPrix national de la Poesie を受けたといってうれしい便りと言って来た。これが、どういう賞なのか、ボクはよく知らないが、むかし、ヴェルレーヌが受けたものと同じかなと思う。
シナノ毎日に、書評を貴兄に頼むよう手紙しておいたが、何も連絡はないですか。

大島博光兄
ちばし柏台 服部伸六
(消印1985.1.16)

*「詩を生きる―ギュヴィック自伝」 (服部伸六訳、青山館1984年) の書評のこと。博光は信濃毎日新聞「書架」にも書いているので、このハガキのあと書いたようだ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/3174-52cbc849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック