さわやかな新しい風を

ここでは、「さわやかな新しい風を」 に関する記事を紹介しています。


さわやかな新しい風を

(詩集『ひとを愛するものは』結びの詩)

スノーホワイト



 さわやかな新しい風を

街まちに 村むらに 吹き起こそう
さわやかな 新しい風を
垂れこめてる黒雲を 吹き払うために

マグマのように 胸底(むなぞこ)にたまって
熱く 煮えたぎっているものを
いまこそ 吐きだし ぶちまけよう

懲役四年の闇の男と その一味を
のほうずに のさばらせておくのは
もう たくさんだ

奥多摩の山荘で※ お茶などをたてて
鳩のまねをして 語り合っても
血まみれの鷲と鷹の爪はかくせない
核をふりかざした ならず者のために
弾丸(たま)よけの 不沈空母になるのは
まっぴらごめんだ

老人のささやかな安らぎを奪いさって
ファントムや P3Cを買いあさるのは
もうたくさんだ

フカのように 巨大企業を肥らせて
雑巾(ぞうきん)のように しぼりとられるのは
まっぴらごめんだ

地球をまるごと 死の星に変える
核戦争の脅威が 迫っているとき
押えつけよう 核に手をかすやからを

恋びとたちよ 見わけよう
きみたちの ほんとうの味方を
きみたちの 愛と幸せをふやすため
若者たちよ 泥のなかに捨てるな
溢れる 青春の力を その生を
見つけ給え 党の中に 生き甲斐を

お母さん方よ えらび出そう
身を賭(と)して戦争に反対してきた党を
戦争で 愛する子供を殺さないように

さあ あなたの怒り あなたの願いを
鉛筆にこめて はっきりと書こう
春をよぶ党の 星の名を
                (一九八三年十二月)
※ 一九八三年十一月、来日したレーガン米国大統領を迎えて、中曽根首相は奥多摩の山荘で歓談した。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2939-4eaf716e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック