ロセツチイ「歌」

ここでは、「ロセツチイ「歌」」 に関する記事を紹介しています。



  歌
       C・G・ロセツチイ
       大島博光譯

われ死なば、わが愛しきものよ、
悲しみの歌、わがために歌ふなかれ。
わが墓べには薔薇たむくるなかれ。
また影おほき絲杉を植ふるなかれ。
わがうへには緑なる芝草生ひて、
露しげく露したたらせよ。
かくて汝(なれ)欲りせば、われを想へ、
また汝(な)がこころのままにわれを忘れよ。

わが眼にははや影も映らず
降る雨も知るによしなく、
また夜鶯のかなしむごとく、
鳴きつづくる歌も聴こえざらむ。
かくて暮るるなく明くるなき
薄明のうちに夢みつつ、
われも汝を想ふらむ、
また恐らくは忘るるらむ。


 Song
             C. G. Rossetti

When I am dead, my dearest,
  Sing no sad songs for me;
Plant thou no roses at my head,
  Nor shady cypress tree:
Be the green grass above me
  With showers and dew drops wet;
And if thou wilt , remember,
  And if thou wilt, forget.

I shall not see the shadows,
   I shall not feel the rain;
I shall not hear the nightingale
   Sing on, as if in pain;
And dreaming through the twilight
  That doth not rise nor set,
  Haply I may remmber,
  And haply may forget.

歌

    (『少女画報』1941.10)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2913-8ea9a86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック