山岡和範さんご逝去

ここでは、「山岡和範さんご逝去」 に関する記事を紹介しています。
詩人の山岡和範さんが5月6日ご逝去されました。84歳。
詩人会議会員で、増岡敏和さん、長岡昭四郎さん、山本隆子さんらと「戦争に反対する詩人の会」を支え、最後は事務局をしていました。会が出していた詩集『反戦のこえ』最終号に「あたらしい憲法のはなし」を書いています。



 あたらしい憲法のはなし
             山岡和範(東京)

昭和二十二年八月二日発行
著作権所有文部省とある
「そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これを戦力の放棄といいます。」

次のページには絵図がある
壺のかたちをした釜の中に
軍用機や戦車や大砲などを入れて溶かし
そこから明るいビルディングや
明るい電車や平和な船が出てくるという
ぼくらは学校の先生から
供出させられて大砲や爆弾になった
寺のつり鐘や銅像やナべやカマも
暮らしの中にもどってくるのだと
教えられたものだったが

若い友人はこの絵図を見て
「戦争放棄」という袋に
兵器を閉じ込めたのだと言った
壺のかたちは袋のかたちにも見えるので
読みちがえたのだろう
ぼくはそのまちがいを
若い友に教えようとしてふと思った
ほんとうは彼の見方が当たっているのではないか
戦後五十年余袋のひもがゆるんで
戦車や軍用機や砲弾などが
警察予備隊・保安隊・自衛隊と名を変えながら
「戦争法」ではみ出しているのが現実だから

「もう一つは、よその國と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。」
と「あたらしい憲法のはなし」にはある
さいきんアジアの国々は
この平和の方向に大きく動いたが
日本政府は「戦争法」の具体化をすすめている

今日の新聞は
「侵略美化の教科書合格─教育勅語全文を掲載」
と文部省の教科書検定合格を報じた

「あたらしい憲法のはなし」を
文部省がまちがいとしたという話は聞かないが
「君が代」「日の丸」の押しつけなど
文部省は教育への統制を強め
二十一世紀の教育に背を向けて走っている
文部省も変わったものだ
昭和二十二年八月二日発行
著作権所有文部省とある
「あたらしい憲法のはなし」を
ぼくはいま改めて読んだ


(詩集 反戦のこえ 39号 2001.12)

お見舞い

2004年夏、杏林大学病院にて。左から山岡和範さん、増岡敏和さん。撮影宮本勝夫さん
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2909-7a202c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック