蚕業報国写真帖

ここでは、「蚕業報国写真帖」 に関する記事を紹介しています。
養蚕写真帖大島

博光の生家で父親確光が養蚕労働している写真

養蚕写真帖

この写真が載っている「紀元二千六百年記念 蚕業報国写真帖」(昭和16年4月発行、発行兼編輯人 丸山八十三)
博光の生家に保存してありました。

養蚕写真帖

冒頭の「述」に発行する目的が述べられています。

  述

現今我が帝国は皇軍の威力八紘に輝き聖戦五ケ年、國の内外を問はず未曾有の国難に直面し、内に新体制を樹立大政翼賛会を組織せられ、外は日独伊三國同盟に依り世界新秩序の建設と大東亜共栄圏確保のためには何時戰禍の終息を告ぐるや誠に予期し得ざる状態であります。故に我々國民は一億一心其職域奉公聖戦の目的達成に努すべき秋に到達したのであります。
私は先年来養蚕飼育上に革命的改良飼育法を実地研究考案し沿く養蚕家各位に普及徹底せしむ可く其飼育状況を実写し実際指導に供すべく計画せし事は御諒知の事と存じます。現今我養糸業は封米闘係悪化の結果従来の米國依存方針を破棄シ国内消費に重点を置き今後に於ける方針に改革を要せらる時に遭遇しました。故に比際一層生産費の節減旦低廉なる良繭を産出するの外有ませんと存じます。
斯の如き状況に即應すべく紀元二千六百年を記念とし本村各種団体等を撮影し併而写眞帳とし永久に保存すべく辱知諸兄の御賛同を得、編纂したる次第であります。

        丸山八十三

養蚕写真帖

紀元二千六百年記念 願気神社大鳥居大修繕竣工

養蚕写真帖

左上:西寺尾小学校奉安殿 右上:皇紀二千六百年記念敬老会 
左下:更級郡養蚕神社   右下:少年団送別

二宮先生

左上:願気神社御柱祭 出荷組合豊作祈願御練の実況  右上:二ノ宮先生 
左下:西寺尾出荷組合初荷   右下:村議袂別

養蚕


集合写真が5ページ約16枚、農家の写真が22ページ約88枚載っています。
戦争協力が大義名分でつくられたのですが、養蚕神社があったり、二ノ宮金次郎が大切にされたり、当時の農家の様子が収められていて、今では貴重な写真集ですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2851-5cdd62e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック