『ランボオ』2.生地・シャルルヴィルへ(3)胸像あわれ「酔いどれ船」

ここでは、「『ランボオ』2.生地・シャルルヴィルへ(3)胸像あわれ「酔いどれ船」」 に関する記事を紹介しています。
 この辻公園の北の入口近く、四角いベゴニヤの花壇のなかに、ランボオの胸像が町の方にむかって台座のうえに乗っていた。台座には「酔いどれ船」の詩人と刻まれていた。しかし、この胸像のランボオは髪も短く刈りこんで、まるで模範青年のような若者で、「酔いどれ船」の詩人にはまったく似つかわしくないものだった。パリのモンパルナス大通りの辻公園に立っていた、ロダンの迫力に溢れた「寝まき姿のバルザック」像を見てきたばかりのわたしには、いっそうこの胸像のランボオが小さくあわれに見えた。アラゴンがシェイクスピヤにも比すべき詩人と言ったそのランボオが──。
 じつは、この胸像はいわくづきのものであった。最初は一九〇一年に建てられたが、第一次大戦中、そのブロンズの胸像は溶かされて砲弾となり、ついで一九二七年につくられた胸像もまた第二次大戦で消えてしまい、現在の胸像は一九五四年に建てられたものである。ところで、一九二七年の胸像の除幕式に際しては、当時のシュルレアリストであったアラゴンやエリュアールたちが、胸像を建てたシャルルヴィルの町長やアルデンヌ詩人協会にあてて激烈な抗議文を書いたのだった。
 「あなた方はこんにち、ふたたびアルチュール・ランボオ記念像の除幕式をおこない、小さな地方的な祝典を催すということである。残念なことに、あなた方の企てにはまたしても公的な容認が欠けている……
 あなた方は、愛国的熱狂に赴くには恐らく機会を誤ったことを認められるであろう。あなた方がいまほめ讃える男は、あなた方にむかって、ひたすら嫌悪の身ぶりをふりまき、憎悪の言葉を吐いた男であり、フランスのために死んだ作家の栄光とは全く相反する栄光をになうことになる男である。
 まことにあなた方は、ランボオとは何者であるかを知らない。かれの言葉からかれの正体を見られるがよい。
 〈──ぼくの生まれた町は、田舎の小さな町のなかでもとびきり愚劣だ。こんな町にぼくはもう幻想を抱いていない。この町はメジエールのそばにあるからだ……町の通りを二、三百人の兵隊どもがぶらつき、あの殊勝ぶった町の連中が、メッスやストラスブールの攻囲された人たちとはちがって、勿休ぶった剣客気どりで身ぶりよろしくまくしたてているからだ。退役軍人の乾物屋の親父が、ふたたび軍服を着こんでいるのにはぞっとする! 公証人、硝子屋、収税吏、指物師など、猫も杓子も、祖国は立てり! とばかり、勇気りんりんシャスポ銃を胸に、メジエールの城門でパトロールの真似をしているのは素敵なものだ! だが、ぼくはじっと坐った町の方が好きだ。長靴を動かすな! それがぼくの信条なのだ〉(一八七〇年八月十五日の手紙)
 ランボオとは?……かれは酔っぱらった。喧嘩をした。橋の下に寝た。虱にたかられた……
 かれは地上にもどこにもどんな希望も抱かず、あなた方のけっして知ることのないだろうあの怖るべき嫌悪(アンニュイ)のとりことなって、絶えず遠くへ出かけて行くことばかりを夢みていたのだ……」
 ここには、シュルレアリストたちが模範とした反抗者ランボオの姿が描かれている。
 (つづく)

(新日本新書『ランボオ』)

ランボオ像


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2808-abb2d7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック