三鷹天文台と神代植物公園

ここでは、「三鷹天文台と神代植物公園」 に関する記事を紹介しています。
天文台

三鷹天文台と神代植物公園を一望にとらえた航空写真が東京新聞に載っていました。(12月6日朝刊)
西から東方向を撮っており、左上に東八道路、右下に野川が走っています。奥の神代植物公園には森のあいだに芝生広場(左)とバラ園(右)が見えます。その手前に三鷹から調布に通ずる幹線道路があり、右手(南)に進むと甲州街道・調布インターに至り、その先が多摩川(京王多摩川)。博光はこの道を通って自転車で多摩川に鯉釣りに通ったのでした。植物公園から野川までが長い下り坂で、往きは気持ちがいいのですが、帰りは夕闇の迫るなかを自転車を押して息を切らしながらの上り坂、わびしい夜空の星が、釣れなかった時はいっそうわびしく見えました。

天文台の東に沿った道も長い下り坂で、私が高校生のときは花屋の手伝いでこの道をバイクで走りました。この写真の右下のあたりの住宅に住んでいた柳沢さんが神棚用の榊(束)を作ってくれたので、毎月2回、材料を運び、完成品を回収するのですが、当時は霧のかかる森の中の道、片思いの心でロシア民謡をくちづさみながら走ったものでした。
柳沢さんは大島生花園の店員をしていましたが、結婚して店をやめ、調布に移り住みました。ご主人も素朴な方(工員のようだった)で、お似合いの夫婦でした。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2755-81e0461f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック