「蝋人形の会」と阿部圭一郎

ここでは、「「蝋人形の会」と阿部圭一郎」 に関する記事を紹介しています。
乾杯
阿部圭一郎
左から大島博光、西條文喜、阿部圭一郎

「西條文喜童謡集・阿部圭一郎童謡集 出版祝賀会」で博光が乾杯の音頭をとっているらしい写真があります。昨日、西條八束さん未亡人の西條紀子さんにお会いすることができたので、この写真を見てもらいました。紀子さんの話から、二人が「蝋人形」の関係で博光と知り合いであったことがわかりました。

西條文喜は本名は伊奈文喜といい、西條八十の妹の息子で、映画監督(別名鶴巻次郎)だった。西條八十の影響で詩も書いた。
阿部圭一郎は上野で菓子屋をしていて、西條家に御用聞きで出入りしていた。「蝋人形」に詩を書いたりした。戦後、「蝋人形の会」を主催し、毎年西條八十の命日に皆で墓参りをしてくれた。元気だったのに、プールで水泳中に急死した。

西條八束さん著の「父・西條八十の横顔」にも同じように書いてありました。
阿部圭一郎が中心となって小冊子「蝋人形のささやき」を毎年刊行していた。三井ふたばこ(西條嫩子)が没した折には追悼特集を出した(1992年)。彼はプールに行って泳ぐのを日課としていたが、追悼号刊行の翌年に水泳中に急逝された。

「蝋人形の会」を熱心に支えていた阿部圭一郎。博光のアルバムに保存されている「蝋人形の会」の記念写真も彼が送ってくれたのでしょう。

蝋人形の会
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2737-2f2b14b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック