木村廣さんのこと

ここでは、「木村廣さんのこと」 に関する記事を紹介しています。
 山形詩人会議の木村廣さんに初めて電話しましたら、奥様が出て、今年の7月22日にお亡くなりになったと言われました。いろいろ伺いたいことがありました。何よりも冊子「小白川の詩人たち」をお送りいただいたことのお礼もしないままになってしまいました。
 『詩人会議』に毎号のように詩を載せており、活発に詩作をされていると思っていましたので驚きましたが、『詩人会議』11月号の山形詩人会議からの便りにご逝去のことが書いてありました。

 電話でお話した奥様は打てば響くようでいながらものすごく純朴で優しい方でした。都会では忘れられた農民の心の美しさのようなものに出会え、木村廣さんの人柄が忍ばれる思いがしました。

 木村廣さんをふくめて、山形市に詩の文化圏をつくった「小白川の詩人たち」について紹介していきたいと思いました。

鈴木廣
<木村廣「小白川の詩人たち(7)」(『新やまがた』 2011年6月19日)より>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2698-d6e700a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック