船橋市海老川沿いの彫像

ここでは、「船橋市海老川沿いの彫像」 に関する記事を紹介しています。
海老川
裸婦像がお迎えしてくれる天沼公園。
船橋駅から歩いて数分の近さなので、船橋地区のメーデー会場になります。
桜の開花のころは見事です。


海老川
「希望」

海老川
海老川は船橋市の中心部を流れ、船橋港へ注ぐ小さな川。
昔は上流は農村地帯、下流は宿場街と漁師街でした。
この川の橋にはいろいろな彫像がついています。

海老川
太郎橋・金太郎

海老川
太郎橋・ものぐさ太郎
海老川
太郎橋・桃太郎

海老川
太郎橋・浦島太郎

海老川
新海老川橋・子どもの音楽隊

海老川
新海老川橋・船橋名物のばか面踊り

海老川
丸山橋・ボランティアの船

海老川
万代橋(よろずよはし)・カエルとアヒル

海老川
栄橋 ・手のひらを太陽に

海老川
本町中央児童公園に美しい裸婦像がありました。

海老川
「海からの風」

海老川
海老川橋(別名「長寿の橋」)

海老川
船の舳先には龍に乗った弁天様?

海老川
船橋の地名の発祥になった橋だそうです。

海老川
シーラカンスにまたがったカッパ?

海老川
八千代橋

海老川
海老川
最後の船橋橋が見えてきました。千葉街道(国道14号)が通る。

海老川
親カッパ

海老川
子カッパ

海老川

この先は船橋港になり、海につながります。
右手には漁師街の名残がありますが、左手は大商業街ララポートやマンション街になっています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2648-7c99ec02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック