パリに行く予定だったが

ここでは、「パリに行く予定だったが」 に関する記事を紹介しています。
一九九〇年八月十六日〜二十三日
静江 食物をかんだり のみこむ力なくなり 食べること飲むことができなくなる 意識があるのか それもわからないが 眼をひらいて宙を見ている
死相を連想させる 白かった顔が土色となる

一九九〇年八月二十四日(金曜日)
朋光のすすめで二十六日発でパリに行く予定だったが わが老体の歩行困難と静江の病状悪化のためにパリ行きを中止する。

モーツァルトやブラームスを愛したその耳ももう何も聞こえない
うつろな眼をひらいて不感無覚に横たわっているきみは・・・
そうしてきみはもう病院にもいなくなる
この世にもいなくなる
だがやっときみは地獄から抜け出ることができた・・・

一九九〇年八月二十七日(月曜日)晴 涼しい
きのうパリに発つ予定だったが 自分の老いの体力に自信がもてず キャンセルする
──家でねたり起きたり 気ままにしているのが精一杯だから・・・
   *
あの野太い楽観主義はどこへ行った?
「歌うたう明日を準備する」ために
仂くこと たたかうことほどに
まさる何があろう?
   *
白い雲の流れる青い空ももう映らない

(日記1990.8)

ノートルダム寺院
ノートルダム寺院前にて 1974年8月
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2637-2c14698e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック