もしもわたしが詩人だったら

ここでは、「もしもわたしが詩人だったら」 に関する記事を紹介しています。
もしもわたしが詩人だったら
                          アントニオ・マチャード

もしもわたしが心やさしい詩人だったら
あなたの眼のために歌うだろう
大理石の水盤のなかの
澄んだ水のように清らかな歌を

水の一節(ひとふし)で
わたしの歌はあなたに告げるだろう

「見つめているときにも
何も求めないわたしの眼に
あなたの涼しい眼は答えてくれない

あなたの眼はたたえていた
あの穏やかなやさしい光を
いつか母親の腕のなかでわたしが見た
あの花咲く世界の やさしい光を」

(『マチャード/アルベルティ詩集』)

白い花
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2564-c311ee82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック