戦士と歌手と

ここでは、「戦士と歌手と」 に関する記事を紹介しています。
 戦士と歌手と 防空部隊の戦士と「北西」地区文化工作隊の芸術家たちに

                     ノン・クオック・チャン

   ある夜 大砲の砲座のほとりで
   寸劇と踊りと歌の舞台が終った
   しかし贈られる花束ひとつない
   観客のひとりが 戦利品を贈った

   女流歌手は 感激してうれしそう
   よろこんで 贈りものをうけとった
   贈りものを よく見ようとて
   彼女は ライターに火をつけた

   それはみごとな白い櫛
   真珠でできてはいなかったが
   きのう 撃ち落した飛行機の
   金属で それはできていた

   お友だちの 兵隊さん
   ありがとう ありがとう
   わたしは 朝までも歌いたい
   しかしあなたにもそんな暇はない

   女流歌手は はにかみながら
   兵隊さんの手をにぎる
   「わたしにはいまハンカチもない
   ライターしか もちあわせない

   わたしは記念に このライターを
   兵隊さんに あげましょう
   風のときにも 雨のなかでも
   戦場の道が よく見えるでしょう」

   色うつくしい 箱入りの
   贈りものを 手にとると
   戦士は それを 胸の上
   心の上に 抱きしめる

   おお 戦場でめぐり会う
   若い娘たち 若ものたちよ
   なんときみらは素朴で無邪気なことか
   なんときみらは清らかで美しいことか

   朝ごと 鏡のまえで
   髪をくしけずるきみよ
   よるもひるも 祖国に奉仕する
   あの戦士の姿を思いやってくれ

   氷をついて 嵐のなかでも
   山の頂きに立つ 戦士よ
   すべての戦士たちの心の中に
   どうか火を吹き込んでくれ

*ノン・クオック・チャン
 一九二三年生れ。少数民族タイイ族出身。若くして革命運動に参加、日本軍の占領中は、北ベトナム地方でゲリラ隊員として闘う。詩「村へ帰える」は一九五一年の世界青年友好祭で入賞した。詩集に『戦う北ベトナム』、『北ベトナムのひとびとの歌ごえ』、『花咲く山のひとびと』などがある。

(『ベトナム詩集』飯塚書店 1967年)

スカーフ
ピカソが1951年の世界青年平和友好祭のためにデザインしたハンカチーフ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2549-ec4c5d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック