『エルザの狂人』解説(第五章・第六章・エピローグ)Aragon, Le fou d'Elsa

ここでは、「『エルザの狂人』解説(第五章・第六章・エピローグ)Aragon, Le fou d'Elsa」 に関する記事を紹介しています。
『エルザの狂人』解説(第五章・第六章・エピローグ)
 
 第五章「グラナダ陥落の前夜」は王国の最後の時と降伏を物語る。
 病いを得たマジュヌーンはジプシーたちの処に身を寄せる。
 その後の一連の出来事はザイドの日記によって述べられる。

 第六章「「洞窟」(一四九二年)は一連の散文と詩から成るテクストで、いままで扱われたもろもろの主題をさらに発展させる。「サクロ・モンテのドン・ファン」「ジャロ・ド・クロワ」などの詩において、アラゴンはアラブ・アンダルシアの恋愛詩の伝統をうけつぎ、愛の観念を明らかにし、エルザの世紀における夫婦の未来を明らかにする。

 「エピローグ」(一九四二〜一九四五年)は「二〇世紀の歌」によって始まり、すでに前章でうたわれた叙情的主題による大フィナーレとなる。

(完)

<自筆原稿>

 第五章「グラナダ陥落の前夜」
えにしだ
 第六章 「洞窟」1492年 LA GROTTE
アラゴン断章
ロルカよ(XVI LES VEILLEURS)
船乗りと詩人の寓話 FABLE DU NAVIGATEUR ET DU POÈTE
 エピローグ(EPILOGUE)

シャクナゲ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2507-eb372bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック