詩誌『稜線』掲載の大島博光作品

ここでは、「詩誌『稜線』掲載の大島博光作品」 に関する記事を紹介しています。
詩誌『稜線』掲載の大島博光作品(1994年〜2002年)

愛の弁証法 51巻 1994. 07
五代格遺稿詩集に 51巻 1994. 07
きみとわたしは 52巻 1994.10
わが地獄の季節 53巻 1995.01
未来にも似た国で 54巻 1995.04
希望 55巻 1995.07
きみは 56巻 1995.10
空に浮かべたこっぱ舟にのる(書評) 56巻 1995.10
もうひとつのわたしの書斎 57巻 1995.12
ある塚のほとりに座って /フイ・カーン 57巻 1995.12
崖っぷちで 58巻 1996.01
リヨンの虐殺 A ・L氏へ /ヴァルモール 58巻 1996.01
わたしもきのうは若者だった 59巻 1996.07
娼婦 /マルスナック 59巻 1996.07
小さなひとつの恋物語 60巻 1996.10
アラゴン断章 /アラゴン 60巻 1996.10
ミノトール─ピカソの素描「ミノトール」の一つに寄せて 1997
詩と詩人について─詩のかたちによる詩論の試み 61巻 1997.2
アル・アンダルシアの哀歌(抄) /アラゴン 61巻 1997.2
木のうえの詩人たち 関敦子さんへの挽歌 1997.5?
犯罪はグラナダで行われた /マチャード 62巻 1997.5?
わたしもきのうは若者だった 1997.8
詩と詩人について─詩のかたちによる詩論の試み 1997.8
春の歌 愛と未来はおなじ闘いだ─アラゴン 1997.8?
ちぎれた歌 65巻 1998.02?
フランス人X 65巻 1998.02?
スラヴァにおくる歌(抄) /アラゴン 66巻 1998.08
私が飽かずに愛をうたうのは 66巻 1998.08
冬の日の日ぐれの歌──八十八歳の歌  1998.12
鼠考    1999.01
えにしだ(抄) /アラゴン 69巻 1999.07
それこそならず者ではないか 69巻 1999.07
わたしの選択 70巻 1999.11
姦淫の罪を犯した男   /アラゴン 71巻 2000.3
パリの街歩き(抄)  /ジャック・ゴーシュロン 72巻 2000.9
『不寝番』からの訳詩三つ  /ジャック・ゴーシュロン 73巻 2001.1
エピローグ エルザの狂人 /アラゴン 75巻 2001.7
灰の日々の燠火 /ゴーシュロン 77巻 2002?
詩人の勝利 詩人鈴木初江追悼 78巻 2002.9

(関連記事)
五月だより 博光の同人参加 /鈴木初江 51巻 1994. 07
大島博光さんの84才を祝う会 /岩井恵子 53巻 1995.01
「老いたるオルフェの歌」出版を祝う会 /古屋志づゑ 55巻 1995.07
稜線詩集1997 あとがき 1997.8
病室の大島博光さん /萩谷早苗 70巻 1999.11
◎増岡敏和さんが毎回批評を書いている

*詩誌『稜線』は鈴木初江が主宰した同人誌で、1982年10月に創刊、季刊・年4回を欠かさず発行した。2002年7月の鈴木初江死去により、第78号(鈴木初枝追悼特集)をもって終刊した。大島博光は1994年、第51号から同人に参加、毎回の様に詩を載せ、重要な作品発表の場になった。(詩誌『稜線』と鈴木初子

稜線
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2478-ae847f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック