戦争の古傷

ここでは、「戦争の古傷」 に関する記事を紹介しています。
 戦争の古傷 
                   大島博光
 
五〇年後のいまも戦争の古傷が叫びをあげる
アジアのいたるところから噴きあがってくる

娘たちが故国の野から町から狩り出された
戦場の野獣どもの檻のなかに投げこまれた

娘たちは人間そのものを犯され踏みにじられる
とり返しようのないものが汚され奪いとられる

娘たちは老女となって痛み恨みの声を震わせる
五〇年後のいまもなお血の叫びを投げつける

狼どもは言を左右にしてとり合おうとしない
狼どもが忘れようと 踏みにじられた羊は忘れない

侵略戦争を呪う声がだれの耳にも聞こえてくる
アジアのいたるところから湧きあがってくる

(大島博光詩集1995-2003)


鋤
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2456-a46d27d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック