エリュアール「ドミニックきょう現われる」

ここでは、「エリュアール「ドミニックきょう現われる」」 に関する記事を紹介しています。
 ドミニックきょう現われる    ポール・エリュアール

 おまえはやってきた おれはとても悲しかった おれはうんと承諾した
 おれが世界にうんと承諾したのはおまえに会ってからだ
 少女よ おれはおまえを少年のように愛した
 自分の少年時代しか愛せない少年のように

 おまえはやってきた 生きたいという願いはひとつの肉体をもった

 彼は重い夜に穴を掘り影を愛撫した
 彼らの泥を溶かし彼らの氷を溶かすため
 はっきりと見るひとつの眼のようた

 細い草がツバメたちの飛ぶのを停めた
 そして秋はくらやみの袋に重くのしかかった
 おまえはやってきた 岸べは流れを解き放った
 海へと流れをみちびくために

 おまえはやってきた おれの苦しみの奥底に
 空気もない森から引き離された木よりも高く
 すると悲しみや懐疑の叫びは潰(つい)えさった
 おれたちの愛の日の前に
 おまえはおまえの信頼でおれを包んだ
                 (『フェニックス』)

 1946年9月、エリュアールはメキシコを訪れた。そこでひらかれる世界平和大会に出席するためである。ここでエリュアールは平和大会のさなかにふさわしく、「その人たちには戦争は子供のない女のように見えた」とうたって、ふたたび戦争、死、孤独を拒否している。
 そうしてエリュアール再生の奇跡がおこるのは、このメキシコにおいてである。
 ここで九月の光のなかで彼はドミニックに──最後の恋人に出会ったのである。彼女の出現は、「ドミニックきょう現われる」などの詩に調子高くうたわれる。

ドミニック

(『エリュアール』ドミニック──新しい愛)


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2351-d42de66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック