映画「会議は踊る」Der Kongreß tanzt

ここでは、「映画「会議は踊る」Der Kongreß tanzt」 に関する記事を紹介しています。
会議は踊る

愉しさ、嬉しさがあふれるドイツ・オペレッタ映画の最高傑作

─会議は踊る、されど進まず─
ナポレオン失脚後の1814年、ヨーロッパの秩序を話しあうために開かれたウィーン会議は来る日も来る日も舞踏会、その舞台裏で政治的駆け引きが行われた。
会議のためにウィーンにやってきたロシア皇帝と手袋屋のウイーン娘との間に甘美な恋が芽生える。ロシア皇帝の別荘に馬車で向かう娘がはじけるよろこびを歌い、道行く人々も歌い踊って祝福、映画全体にあふれる高揚感……。無声映画からトーキーへと移った時期に製作された記念的作品。
1931年、ドイツ
監督:エリック・シャレル
音楽:ウェルナー・リヒャルト・ハイマン
アレクサンドル一世:ヴィリー・フリッチ
手袋屋の娘クリステル:リリアン・ハーヴェイ
宰相メッテルニヒ:コンラート・ファイト

会議は踊る

音楽が楽しく、素晴らしい。
主題歌 “ただ一度だけ” 聞いたことあるね。映画は初めてなのに。──そう、聞いたことありますね。
映像もストーリーも楽しい。椅子まで踊ってしまって。
インド映画のよう、踊りだして楽しさはじける映画。
舞踏会の様子や衣装がすごい。
ヒロインの乙女心の演技、ロシア皇帝やメッテルニヒの男前も魅せた。
1931年といえば日本では満洲事変が起きた年。よくこれだけのものが作れたね。
2年後、ヒットラーが政権を握ると、この映画は上映禁止になり、映画人たちもドイツを去った。そのご、ドイツではこれほどの映画が作られることはなかった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2341-f2afdb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック