ヒクメット「マヤコフスキーは生きている」

ここでは、「 ヒクメット「マヤコフスキーは生きている」」 に関する記事を紹介しています。
マヤコフスキーとヒクメットの関係を知りたいと思っていたら、 ヒクメットが書いた「マヤコフスキーは生きている」という文章が出てきました。『マヤコフスキー詩集』(彰考書院 1952年)の付録小冊子のようです。翻訳した人の名はわかりません。
 マヤコフスキーは生きている1
マヤコフスキーは生きている2
マヤコフスキーは生きている3
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2189-6312cc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック