木村勝明さんが大島博光著『ピカソ』の書評

ここでは、「木村勝明さんが大島博光著『ピカソ』の書評」 に関する記事を紹介しています。
画家の木村勝明さんが大島博光著『ピカソ』の書評を書いていました。
「ゲルニカ」をめぐるエリュアールとの相互啓発、革新自治体ヴァローリスとピカソの関係、共産党への入党のエピソードなど、本書のポイントを簡潔に紹介しています。

ピカソ書評

(『月間学習』1986年10月号)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2175-cdaf1f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック