斧はくるな──鳩の歌

ここでは、「斧はくるな──鳩の歌」 に関する記事を紹介しています。
 斧はくるな──鳩の歌
                    大島博光

わたしは鳩 羽根をさかだて
羽根をふるわせて 叫ぶのだ

地獄の斧は やってくるな
核をかついだ死神は くるな

わたしたちの海を 港を
サメのように うろつくな

わたしたちは 長生きしたい
愛の巣をふやしていきたい 限りなく

だが おまえがやってきて
すべてみさかいなく 発射台にする

よちよち歩きの子も 母親も
みんな灼かれて 炭素になる

いまこそ 死神には 生の叫びを
憎しみには 赤いバラをかざし

狂気には 温い理性をかかげ
斧には 反対だと呼ぶとき

いまこそ 他者をみいだし
みんなと 腕を阻んで行くとき

ムートランゲン基地を 包囲した
十キロの「人間の鎖」に挨拶を送り

グリーナムコモンの 雪のうえの
テントの婦人たちに 挨拶を送る

地獄の斧は やってくるな
核をかついだ死神は くるな

(『赤旗』1984.2.18、『大島博光全詩集』)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2156-8825bf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック