シャヴァンヌ  2 初期の作品 (下)

ここでは、「シャヴァンヌ  2 初期の作品 (下)」 に関する記事を紹介しています。
シャヴァンヌ  2 初期の作品 (下)

<巨大な装飾画の時代>


 それから二年後に、シャヴァンヌは再びサロンに出品し、《狩猟よりの帰還》が入選した。それはマルセイユ美術館の食堂を飾ってゐる大きな作品の複写であった。ひとりの騎士が、その尖に猪の頭を刺した槍を意気揚々と持ってゐる。獲物の鹿を担いだ二人の従卒が徒歩で、彼のあとに従ってゐる。この一行の傍(わき)に、角笛を吹き鳴らしながら歩いてゐる。そのあとから、狩猟に参加した二人の婦人が馬に乗ってくる。
 この年はシャヴァンヌの生涯に歴史的な一時期を画せる年であり、巨大な装飾画の時代の端緒である。
(この項おわり)

<シャヴァンヌ・ノート>

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2065-19e5f1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック