核戦争と平和と Nuclear War and Peace

ここでは、「核戦争と平和と Nuclear War and Peace」 に関する記事を紹介しています。
核戦争と平和と
      ──核戦争が起きたら

                        大島博光

核戦争が起きたら
核戦争のあとには

ひんまがった鉄骨や電線のジャングル
見渡す限り瓦礫の世界

人間はだれも生き残れないだろう
核の冬の死の沈黙がやってくるだろう

もう愛の歌や仕事の歌をうたう
若者たちの輪はないだろう

手をつないで街をゆく
恋びとたちの姿もないだろう

乳のみ子をあやす母親もいなければ
明日を夢みる娘たちもいないだろう

競技場でボールを追いかける若者らも
歓声をあげる観衆もいないだろう

地球がまるごと墓場になるだろう
だが花束をささげる人はいないだろう

人類がいなくなったら 平和という
言葉ももう死語となるだろう

核にかける手を抑えつけよう
核を地球からとっぱらおう

生のために手を結び合った
世界人民は核よりも強い

地球をとり巻きうねる平和の波は
核にしがみつく奴らをのみこむだろう

(1988年6月 初出紙誌不明、『冬の歌』)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2049-a0ec2134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック