不幸の血管は透えては見えない

ここでは、「不幸の血管は透えては見えない」 に関する記事を紹介しています。
 不幸の血管は透えては見えない

胸を蔽ふた夜の彼方
眼のない手は探る
埋められた岸を

蒼ざめた沼地の前
手のない唇を舐る
埋められた岸を

草を倒し石を蹴り
狼は壁を破つて跳びかかる
恐怖の背中へ

襲はれた肩の上
憎悪は首を垂れる

私の頬の上
悪夢の爪痕は残る

(掲載誌不詳)

A5スクラップ詩集
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2034-4cd25dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック