ピカソ──鳩は世界じゅうを飛びまわる(2)平和の顔 Pablo Picasso 'Le Visage de la Paix'

ここでは、「ピカソ──鳩は世界じゅうを飛びまわる(2)平和の顔 Pablo Picasso 'Le Visage de la Paix'」 に関する記事を紹介しています。
(「平和の顔」)

 この一九五〇年にはまた、鳩と女の顔をくみあわせた「平和の顔」二九点シリーズが描かれ、翌年エリュアールの二九篇の短い詩とともに、詩画集『平和の顔』が刊行される。そのエリュアールの詩の二、三を訳せば、つぎのようなものである。

  わたしは鳩の棲(す)みかをみんな知っている
  いちばん自然な棲みかは 人間の頭の中だ
      *
  大地が生みだし 大地が花咲くように
  生きた肉と血が
  二度と犠牲(いけにえ)にされぬように
      *
  平和に心奪われた人間(ひと)は 希望に包まれる
      *
  わたしの幸せは われわれみんなの幸せだ
  わたしの太陽は われわれみんなの太陽だ
  われわれは 生をわかちあう
  空間と時間は みんなのものだ
      *
  われわれは 他者をつくり出した
  他者が われわれをつくり出したように
      *
  飛んでる鳥が じぶんの翼を信頼しているように
  われわれは知っている 兄弟にさし伸ばした
  われわれの手が どこへわれわれを導くかを
      *
  われわれの歌は 平和を呼び
  われわれの答えは 平和のために行動すること

(つづく)
平和の顔
Pablo Picasso 'Le Visage de la Paix' 1950

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/2002-4f4f64c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック