スペイン紀行 1.マドリードで(下)

ここでは、「スペイン紀行 1.マドリードで(下)」 に関する記事を紹介しています。
 十二日、王宮博物館にはいるために、王宮に出かけて行く。ひろい中庭に面したアーケードのところで、市民たちが立って、中庭でくりひろげられている「玩具(おもちゃ)の兵隊たち」のセレモニーを眺めている。わたしたちもそこに立って見物することにする。セネガルの大統領がスペインを公式訪問していて、その大統領を金塗りの馬車で送り出すところなのだ。
 赤い筋の入った黒ズボンをはいた軍楽隊の一隊が、古風な行進曲を奏しながら先頭をゆく。赤い羽根飾りのついた帽子をかむり、緑色の軍服を着た龍騎兵の一隊がそれにつづく。六頭立ての白馬に曳かれて、黄金色の間者がつづく。そしてまた、赤黄赤のスペイン国旗をもった騎兵の一隊がつづく……わたしも子供のようになって、このおとぎ話のような、おもちゃの兵隊ならぬ生きた兵隊たちの繪のようなパレードに見入っていた……それも、スペインのひとつの象徴的な貌(かお)にちがいない。
 それとは相反する、もう一つのスペインの貌(かお)を、その夜わたしたちは見た。その夜、チリ連帯国際会議を記念して、チリのフォルクローレ集団キラパジュンとインティイジマニの合同演奏会が、マドリード郊外の大きな体育館でひらかれた。わたしたちもバスに乗って聴きに行った。会場は万を越えるマドリードの市民で埋まっていた。わたしたちの席の近くにビクトル・ハラ未亡人がいたので、わたしたちはいっしょにカメラに収まったりした。開会に先だって、ビクトル・ハラ未亡人が紹介されると、全員が起立して、割れるような拍手を彼女に送った。そしてマドリードの一万の市民たちが「チレ・ベンセレモス!」(チリは勝利する!)を熱狂的に繰り返えすのであった……そしてキラパジュンが日本公演で好評を博した ¡El pueblo unido, jamás será vencido!(団結した人民は敗れない)の合唱が始まると、照明を消した場内のうすらやみのなかに、聴衆の興奮はその極に達した。同じくスペイン語を国語とする、チリ人民とスペイン人民の、歌をとおしてのストレートな交流交感がそこにあった。そしてわたしはまた、スペイン人民戦線以来の革命的伝統をそこに感じとらずにはいられなかった……
 翌日、わたしはつぎの詩を報告をかねて東京の新聞に送った。

 マドリード・一九七八年十一月
                ─チリ連帯国際会議にて

むかしのコンキスタドールたちの略奪の夢がまだ
王宮やレティロ公園にただよっている町 マドリード
プラドのほとり ゴヤの立っている町 マドリード
四十年まえ スペイン人民がおびただしい血と涙を流し
ネルーダが 最初の血の叫びをあげた町 マドリード
世界の四方からやってきた 国際旅団の義勇兵たちが
おんなじ夢と自由のために骨を埋めた町 マドリード
きのうも スペイン広場のドン・キホーテのまえを
日本人観光客の群が渡り鳥のように通り過ぎてゆく町 マドリード
ゴヤの光と闇が いまも生きている町マドリード

きょう にせあかしあの街路樹と石だたみのうえ
セゴビヤのギターのような雨の降るなか
ふたたび 世界じゅうから人びとがやってくる
どんな遠い距離も はばむことのできない
熱い連帯の想いと ファシズムへの怒りを抱いて──
そうしてここ オドンネル街の 城塞のような
ホテル・コンヴェンションの大ホールを埋める
そこに あのコルバランがいる カリリョがいる
アジェンデ夫人がいる ビクトル・ハラ未亡人がいる
アルベルティがいる エフトシェンコがいる
ニカラグアの婦人代表がいる ベトナムがいる……

日本の代表は ホールの入口に 写真展をひらく
チリ船の横浜入港に抗議した デモの写真や
キラパジュンを迎えた 大集会の写真など……
たくさんの代議員が それを見て 感想を寄せる
「わたしたちのために闘っているあなた方を見て
わたしは感動でふるえました」とチリの青年は書く
「いっしょに ファシズムのない 平和な世界を
つくりましょう」と 中年のスウィス婦人が書く

だが この大会を 黒い影がおびやかしている
ホテルの玄関を 赤い帽子の警官隊が警戒し
なかには 軽機関銃を構えているものさえいる
ここでも 右翼が 攻撃をしかけてくるからだ
亡者どもは くらやみのなかでうごめいている
ちょうど 日本のファシズムの 亡者どもが
またしても 有事立法を叫んでいるように
ここマドリードでは 過去と現在と未来とが
ごっちゃになって せめぎあい たたかっている

そうしてカリリョは さいごに叫んだ
「わたしたちは自由のために 四十年 待った
チリは二度と 四十年も待たないでほしい
これがわたしのねがいである……」
         一九七八年十一月十二日

(『詩と詩人たちのふるさと──わがヨーロッパ紀行』)

コルバランと
コルバラン・チリ共産党書記長(左から2人目)らと

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1965-7a8e6641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック