戦争前夜の終幕飾る「信州モンパルナス」

ここでは、「戦争前夜の終幕飾る「信州モンパルナス」」 に関する記事を紹介しています。
昭和15年に発行された詩誌『信州モンパルナス』は信州詩界の詩史的相剋を止揚し戦争前夜の詩の終幕を飾る祝祭であった、と県詩人協会会長(当時)の殿内芳樹が書いていました。

・・・そのあと、昭和十五年になって高橋玄一郎・清沢清志・吉沢夏雄・龍野咲人・浅井俊吉・近藤武・西山克太郎らの詩人集団が「信州詩人協会」を組織し、高橋玄一郎 編集・発行で詩誌「信州モンパルナス」が生まれた。この「信州詩人協会」は、構成メンバーや活動からみて、第四次信州詩人連盟」をそのまま引き継い  であり、その延長線上  とみていいものであった。
 「信州モンパルナス」はアンデパンダン風の性格であり多彩な内容をもっていた。  主義詩があり、種々のモダニズム詩があり、思想詩があり、抵抗詩があり、抒情詩があり、象徴詩などもあって、いわば 祭典の観を呈した。「信州詩人協会」はこの「信州モンパルナス」を刊行しただけで活動を停止した。
 こうして一九二四年(大正十三)結成の第一次「信州詩人連盟」から一九四〇年(昭和十五)第四次「信州詩人連盟」および「信州詩人協会」まで信州詩界はさまざまな色彩をちりばめ、多数の詩的個性や詩  開花をみせながら、錯綜し  路を描いてきたのであるが、戦前の信州詩界の展開は「信州モンパルナス」をもって、一  の詩史的相剋を止揚したいうことができよう。「信州モンパルナス」の多彩な内容は、 感や終末的な焦燥感や敗北 から生じる狂気に満ち、その  抵抗と解放への欲求に貫かれてもいた。それは戦争前夜の 終幕を飾る祝祭であり、歴史の曲がり角がいつもみせる悲愴と挫折感をも漂わせていた。四五年(昭和二十)終戦後、 界は敗北の代償として自由と解放を得たけれども、詩人たちは この祝祭を彩った「狂気」「焦燥」と「ざ折感」を源泉として再出発しなくてはならなかった。それは、本来詩というものの原質がもつ虚妄の一面であった。(以下略)
(殿内芳樹<ふるさとの詩人たち─15─戦争前夜の終幕飾る「星林」と「信州モンパルナス」>掲載紙・日付不詳)

信州モンパルナス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1943-f2cb5344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック