FC2ブログ

武井脩「入営後の覚書より」

ここでは、「武井脩「入営後の覚書より」」 に関する記事を紹介しています。
「日本戦没学生の手記 きけ わだつみのこえ」(東大協同組合出版部刊 1949年)を見ましたら、武井脩氏の手記が載っており、そこに栞と博光による赤線が引いてありました。
武井 脩(旧姓花岡)九大法文学部卒業。昭和十七年二月入営。十二月見習士官としてビルマ出征。二十年五月戦死。二十七歳

博光は<わだつみの声>への挽歌という戦没学生への鎮魂の詩を書いていました。

わだつみわだつみ
わだつみ
わだつみ
この中で「人間の中心とは何であらう・・・大島博光氏は東京で彷徨ふであらうし、田口は・・・新沼は・・・中尾は・・・そして俺は、口をあけて馬体検査を見ている・・・」とあり、詩人仲間だったようです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/182-2ea0cdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック