冊子『大口満絵画展』(3)時を越えて繋がりゆくもの──”奇跡の瞬間”

ここでは、「冊子『大口満絵画展』(3)時を越えて繋がりゆくもの──”奇跡の瞬間”」 に関する記事を紹介しています。
絵本「まんげつのやくそく」を書いた七重さん自身が感動的なエピソードを綴っています。

・・・命をテーマに物語を考えていた時に自分の妊娠がわかり、物語と自分の状況がリンクしていった。大きいお腹を抱えながら子供の寝ている時間に筆を動かし、描き終えた二週間後に無事出産!まるで絵本と赤ちゃんが同時に成長し誕生したかのようだった・・・

・・・秋晴れの日、大イチョウの見事な黄葉の下で子供たちに初めて「まんげつのやくそく」を読み聞かせた。子供たちも最後までじっくりと聞き入ってくれた。最後にみんなで大イチョウに向かって「ふるさと」を歌った。ラストにさしかかったとき、それまで静かだった風が突然動き出し、歌声に答えるかのように沢山の黄金の葉が降ってきた。子供たちも大人たちもおおはしゃぎ。ここ一年かけてやってきた事がすべて一体となった”奇跡の瞬間”のように思え、涙が止まらなかった・・・

七重さん、大口先生、素晴らしい話をありがとう!

佐藤七重

佐藤七重

佐藤七重

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1777-ae763a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック