冊子『大口満絵画展』(2)絵本作家となった七重さん

ここでは、「冊子『大口満絵画展』(2)絵本作家となった七重さん」 に関する記事を紹介しています。
冊子『大口満絵画展』の中の「絵本作家となった七重さん」に心を動かされました。
中学で不登校だった七重さん、上越高校に入学し、担任の大口先生のもとで美術部で絵を描き続け、自信をつけて美術部や生徒会の中心的な存在へと成長、水を得た魚のように輝いた話は希望に満ちた学園ドラマのよう。学校の先生として冥利に尽きる話ですね。
七重さんが絵本「まんげつのやくそく」を書くに至った経緯──彼女の結婚式で大口先生が述べた祝辞が感動を呼んで声をかけられた──感動がつながっていくいい話ですね。
長野県飯山市にある大イチョウにまつわる絵本「まんげつのやくそく」、読んでみたいと思いました。

大口満

大口満

大口満
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1776-ec5c3962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック