飢えの歌

ここでは、「 飢えの歌」 に関する記事を紹介しています。
 飢えの歌

夜のごとく飢えて
私は孤独の階段を降りてゆく
凍った街のなかへ

私の行くところ
すべての扉は閉ざされ
私の去るところ
すべての唇は開かれる

よろめく私の背中に
空虚は黒く凹み
よろめく私の周囲に
空気は黒く渦巻く

尖った私の頭上
暗闇の中のより黒い暗闇の中で
絶望と空虚の蝶番は廻転する
黒からより黒い黒へ

かくて黒い風は運んでゆく
私の飢えを
その飢えた舌は地平線を舐め
その飢えは飢えを食う

(『蝋人形』1940年4月号)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1700-6af3c6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック